FC2ブログ

豊川稲荷ギャラリー ~ 大本殿から霊孤塚へ ~

2009,,31
 前回(⇒謎の超人:寒巖禅師と、謎の女神:豊川ダキニ真天、……と私)の続編として、今回は写真解説主体です。

 豊川稲荷の境内は、どう見てもシンメトリーを無視した不思議な配置をしている。一番大きな本殿が向かって左側の参道奥に構えているが、あとはかなり不規則だ。
annaizu001a.jpg
↑豊川稲荷公式ホームページ/各種御案内 http://toyokawainari.jp/inariframe3.html より転載。

 本殿に向かう参道の、最初の鳥居。(一の鳥居?)
大鳥居

 その両脇の、最初の狛犬ならぬ狛狐。
狛狐:左 狛狐:右

 本殿すぐ前の狛狐を、本殿側から写してみた。インドにおいてはダキニの眷属は狐でなくジャッカルだったというが、なんとなく面影があるような……。
               狛狐:本殿側から左
               狛狐:本殿側から右

 大本殿の説明版。「伏見宮家」の名が見える。伏見稲荷とも交流があったのだろうか。「豊川閣」と呼ばれるのは有栖宮家から下賜された大額に由来するらしい。
大本殿:説明

 参道左横に面して、「寺宝館」という、仏教美術を収めた立派なミュージアムがある。その入り口に控える赤土色の狛狐。なんとなくエジプト的な雰囲気がしないでもない。(どうしても狐には見えないけれど)
美術館の狛狐:左 美術館の狛狐:右

 寺宝館の中にあった、現代画家が描いた不動尊。(胸が光ってるのはフラッシュの反射)
          不動尊
          不動尊:説明

 これは珍しい、准提観音の像。「諸仏の母」と言われる密教の仏。龍王をしたがえ、剣を持っているところは、秘仏としての日本の弁天や瀬織津姫との習合を思わせる。
          准提観音
          準低観音:説明

 これも独特の構造。各建造物を橋渡しするような形で、地上高の高い回廊が巡らされている。そのむこうに千本幟が見える。
               回廊の下から

 千本幟は信者や参拝者が一本二千円で奉納するらしい。
               千本

 少し行くと、「霊狐塚」の案内の石碑に出会う。これを見た時、この先でたくさんのお狐さんに会えるという予感がして、なぜだか切なく、ときめくような、はやるような気持ちになった。むこうの気持ちがこちらに伝染していたぶんもあるだろうか。
               霊狐塚:石碑

 奥へと誘うように、霊狐塚の参道が続く。鳥居は石の地肌のままに白っぽい。幟(のぼり)も白が基調で文字が赤。並木のような千本幟の列が、一種の結界を感じさせる。伏見系の妖しげな赤い鳥居のトンネルよりも、私はこちらのほうが清楚な印象を受ける。
霊狐塚:鳥居

 参道の途中に、ところどころ守衛のように左右一対の狐が配置されている。でも、これは狐というより、犬だねえ。狛犬の犬というより、本当にそこらへんにいそうな飼い犬を漫画チックにした感じ。
霊狐塚:狛狐1左 霊狐塚:狛狐1右

 こちらは大胆なデフォルメ。耳がなければアヒルかワニか……。
霊狐塚:狛狐2左 霊狐塚:狛狐2右

 参道がそのまま林の中の霊狐塚へと導く。さながら、この寺の奥の院の様相。
霊狐塚:参道

 石垣のすぐ外側に居た母子狐。かなり漫画チック。
               母子狐

 護衛隊のような、岩場の狐。ここの狐だけが、あきらかに雄とわかる凛々しい姿をしていた。
 岩狐

 将軍狐?の雄姿。
               岩狐:近影

 反対側の小さめの岩の上に、雌の見返り狐がいた。
                    見返り狐

 場に溶け込む私……。白髪染めが半端なせいか、はたまた光線の具合か、髪の色が狐のよう。(ちなみに同じ日の他の写真では、ここまで不思議な髪の色に写ってはいない)
                    遠近ショット

 呆けたような表情の子狐。全体に伏見系の狐よりひょうきんで、のどかな印象を受ける。 
               にやけ狐

 コーラスグループのように整列する狐たち。
整列

 おびただしい数の群狐。とても全景を一枚に収めることはできない。
群狐1
 
 だいたい同じ方向を向いている。各部署にリーダー格の狐が居て、統率しているような印象。
群狐2
 
 これだけ居ると壮観
群狐3

 この霊狐塚は「もとは納めの狐像を祀る場所でしたが、現在では御信者の献納された像が安置されています」とホームページにある。ひらたく言うなら、御用が済んだ像をお返しする場所だったものが、現役の神聖な霊場に昇格してしまったということだろうか。狐の造形や表情が様々で個性豊かなのも、個人が造って奉納したものなので、画一的な規格がないからかもしれない。

 ここにしばらく居ると、脳髄が軽くジ~ンとしびれるような感覚に見舞われる。かなり濃厚なスポットなのだろう。直通の高次元というのではないが、霊的次元と物質的次元を結びつける接着剤のような役目を、このお狐さんたちは担っている気がする。
 なぜ「狐」なんだという疑問は誰しも抱いたことがあるだろうが、私はこの霊狐が必ずしも動物霊だとは思っていない。自然霊の能動的な形態の一種なのだ。この世の哺乳類の狐の死後霊魂なのではなく、物質界が出現する以前からの、原初の地球霊の分け御魂として分かれ分かれた末の、ひとつの表現形態なのだ。つまり、もともと霊体なのであり、この世の動物に転生して生を持ったことがあるかどうかは別問題だ。(この意味では龍神も蛇神も天狗も同じ。だから爬虫類の死後霊魂などはるかに超越した知的霊体であり、「神」なのであり、その大元締めは地球の「創造主」でさえあるのだ)

 しかし、人類が自然破壊を繰り返すことによって、彼らは多大なる犠牲と拷問的な苦痛を強いられることになる。そこで耐えきれず、人間界への復讐のため怨霊化・邪神化するケースも多々ある。とは言え、もとのお役目は地球道場の世話係として人間界をサポートすることでもあったので、心の基本姿勢が正しい人には力を貸す健気な霊狐もたくさんいるのだ。
 この怨霊組の邪狐と、守護霊組の神狐の勢力とは、これまでの段階でおそらく半々くらいだったろう。その大元締めが、伝説にある金毛九尾の邪狐と、白狐九尾の神狐である。頭でっかちの人には、この区別がなかなかつかない。知能犯の邪狐は、巧みな偽装工作を張り巡らしてくるからだ。
 豊川稲荷の狐が人喰い悪鬼の使いだと、一部で吹聴されてきたのも、その偽装工作のひとつだったと私は見ている。地球神である国常立尊(クニトコタチノミコト)=ウシトラの金神が、つい最近まで邪神とされ封印されてきたのと同じ流れである。私は伏見系よりもこちらのほうが、さらに本源の神狐に近いと思っている。

 邪神にそそのかされ真の地球神・自然神を封印してきた、日和見で軟弱なくせに自信過剰な、偽りの人間神の時代が、今、終焉を迎えようとしている。
 ただ、こういうことは、誰か偉そうな人がそう言ったから教条的に信じ込むという姿勢は、同じ過ちの繰り返しなのだ。“正”とか“邪”とか、固定した実体があるわけではない。
 世は無常だが、移ろう自然は美しい。苦難を乗り越えた人生こそ美しい。怠らず、正しい夢を描いていきましょう。


(豊川稲荷編、次回、もう一回あります)

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://seirios2772.blog115.fc2.com/tb.php/238-aea2430e

メッセージボードα

- Information -

スタミナ不足で、ながらくこのブログを放置しておりました。ぼちぼち再開しようかと思いますが、操作のしかたがすぐ思い出せず、コメント認証待ちのかたなどおられましたら申しわけありません。


-- E N D --
.
.

メッセージボードβ

- Information -

拍手コメントというのがあるのを初めて知りました! また、時々、設定が狂うのか、拍手ボタンが非表示になるみたいです。 未だに設定に慣れなくて、すいません!

-- E N D --
.
.

プロフィール

1955年、東京生まれ。 母方先祖は諏訪大社の大祝だったとか。 ツイッタ-のユーザー名:@G_rhaps

五右衛紋☆Rhapsody

Author:五右衛紋☆Rhapsody
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

古典的グノーシスの言うように、この世界が悪の造物主の作品だとは、私は思わない。地球を創造したのは真の神だ。しかし、後から飛来した未熟で歪んだ神が、この地球を乗っ取って、創造主の仮面を被り牛耳っている。最後のドンデン返しの時まで、世の中の9分9厘は、偽せの神や間に合わせの神が支配する、偽せや間に合わせの仕組みなのだと、私は思っている。その騙しと罠の仕組みの中で修行するのが、我々の試練であり、宇宙浄化の雛形としての地球の役割りなのだ。
2008.10.23 『“その後”の黄泉比良坂の歌 ~ 私の「鬼束ちひろ」評 ~ 』http://seirios2772.blog115.fc2.com/blog-entry-13.html より。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ mixiから紀行文の部分を移籍したのが、このブログのスタート。 主に神社仏閣、霊場、スピリチュアル、歴史関係の随筆や論稿を、ここに整理していきます。紀行スタイルが多くなると思います。 執筆は後の時点での回想であり、実際に当地におもむいた日時よりは後になりますが、今後、現地探訪の日付けに統一していく予定です。

タイトルリスト#

検索フォーム

ブログ中のタイトルやキーワードから検索します。

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード