FC2ブログ

読書日記『消えたシュメール人の謎』

2007,,10
 岩田明著『消えたシュメール人の謎 ー新・日本人起源説』徳間書店
 古本屋で見つけたら、偶然、内表紙に著者のサインが入っていた。何かの縁と思い、迷うことなく購入した。

シュメール本 シュメール本、サイン
 
 日ユ同祖論についてはこれまでもたくさんの本が出版されているが、シュメールに関してはまだまだマイナーな感が否めない時代、たいへんなことをやった人がいる。
 この本の著者は、メソポタミアから発掘された世界でただ一枚の貴重な粘土板の記録から、シュメールの古代船を忠実に復元し、自らキャプテンとして乗り込み、インド人クルーと共に、インドから日本まで命がけの実験航海に挑戦したのだ。古代シュメール人が、南インド、東南アジアの海域を経由して、日本に渡来しているという事実を確かめたい一心で!
 その復元の記録と航海紀が本書。

 金属をひとつも使わない造船技術が、現在のインドにも伝えられていたことに驚きを感じると共に、日本の宮大工の技術に通じていないかとの空想もひろがる。
 シュメール船は商船として海洋貿易に使っていたものらしく、全長が15メートルにも及ぶ。紀元前数千年の古代船としては驚くべき巨体だが、さらに私が驚いたのは、奴隷の人手で漕いだのではなく、帆船として風力だけで移動していたらしいことだ。 おそらくは遠洋をさっそうと航海したのではなく、海岸づたいに停泊をくりかえしながら、時間をかけて移動したのだろうが、風を読む技にも長けていたに違いない。

 造船技術の問題、資金の問題、前代未聞の国境を越えた航海実験などなど、様々な困難が山積する中、いくらでもドラマチックに盛り上げられそうな内容を、妙に淡々と、飄々と描いている印象を受ける。好感が持てる部分でもあるが、まとまったドキュメンタリー・フィルムが残っていないことが残念でもある。

 1992年3月17日~6月17日。走行距離4032海里。 「キエンギ号」と名づけられた復元古代船は、日本の海域、久米島沖に来たところで、巨大な三角波に襲われ転覆する。岩田氏とクルー達は26時間の漂流の後、九死に一生を得る。
 キエンギ号はその後、横須賀市安浦のシンボル緑地公園にモニュメントとして永久保存された、……はずだったが、残念ながら煙草の不始末で焼けてしまったそうだ。
http://homepage3.nifty.com/sekiokas/Topfile/History/rekisinonaka/owari/123kiengi.html
 そのような貴重な木造船を、なぜ屋内の設備で厳重管理しなかったのか、悔やまれてならない。

 「シュメール」とはメソポタミアに同居した異民族であるアッカド人が使った呼称であり、シュメール人自身は自分らのことを「キエンギ」と称していた。これが復元古代船「キエンギ号」の船名になっている。
 この「キエンギ」の意味は不明であると他の学者の本で読んだが、著者は「葦の地の主」の意であると、いとも簡単に言い切る。このあたり日本神話の「豊“葦”原の瑞穂の国」や「“葦”原の中津国」とリンクするものを感じて、胸が躍ってしまう。日本の山陰地方の出雲よりも遥か以前、有史以前の“太古”出雲帝国がアジア大陸の湿地帯にあった、とする私の妄想を裏付けてくれるからだ。

 こういう人は、学者の定説にないようなことを平気で掘り下げてくれるところが楽しい。仏典に説かれる崇高なる霊山、須弥山=シュミ山=スメ山=スメル山がシュメールと関連していて、釈迦は自らの祖先がスメル族であることを、仏本行集経(いちおう一切経=原始仏典のひとつ)の中で説いているというのだ。 また、その経典の中には、中国の『魏志倭人伝』より800年も先立って、「倭国:東海の海の中にある小さな国」や、そこの部族についての記述があるともいう。

 氏の著作には、他にもシュメールと日本と世界の古代文明のつながりにおいて、自説を展開したものが※何冊かあるが、シュメールへの情熱が強すぎて、“やや”トンデモ本扱いになるかもしれない。私には歴史観として体系づけられる以前の断片的な情報のほうが面白く、入門編としてはこの本がイチ押し。


※参考
『日本超古代文明とシュメール伝説の謎 世界最古の文明は中央アジアの高峰にあった』日本文芸社(平成13年発行)
『日本超古代王朝とシュメールの謎 日本建国のルーツ〈海人族〉と〈銅鐸族〉の正体』日本文芸社(平成10年発行)

スポンサーサイト



comment

三斗Ra 隼人
Ki-En-Ra 様

学者に限らず日本人には、太古の昔から今の日本という国の原型があったかのような前提から、発想する人は多いですね。“外国”の影響が入ってきたのは何時代か、みたいな考え自体がそれです。
少なくとも、数千年の単位で見るならば、国の概念とは、もっと流動的に離合集散しているプロセスの一場面にすぎない気がするのですが。

韓国の歴史ドラマ(TV時代劇)などを見ていると、大衆娯楽作品といえども、古代において遠くインドやチベット、西域、中央アジアなどと交易や外交関係があったことが、あたりまえのように描かれています。もちろん、それによって複雑な政治外交上の闘争があったことも、事実として物語に盛り込まれます。
陸続きだからそういう歴史だった、と言うよりも、鎖国的状況をつくりづらいため、覇者が歴史事実を隠蔽しづらかったのだと思います。
日本は島国故に、そういう歴史事実がなかったわけではない。島国故に、歴史事実を隠蔽し、洗脳教育しやすかっただけだと思います。
2011.07.19 01:57
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.18 01:42

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://seirios2772.blog115.fc2.com/tb.php/65-65ff281e

メッセージボードα

- Information -

スタミナ不足で、ながらくこのブログを放置しておりました。ぼちぼち再開しようかと思いますが、操作のしかたがすぐ思い出せず、コメント認証待ちのかたなどおられましたら申しわけありません。


-- E N D --
.
.

メッセージボードβ

- Information -

拍手コメントというのがあるのを初めて知りました! また、時々、設定が狂うのか、拍手ボタンが非表示になるみたいです。 未だに設定に慣れなくて、すいません!

-- E N D --
.
.

プロフィール

1955年、東京生まれ。 母方先祖は諏訪大社の大祝だったとか。 ツイッタ-のユーザー名:@G_rhaps

五右衛紋☆Rhapsody

Author:五右衛紋☆Rhapsody
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

古典的グノーシスの言うように、この世界が悪の造物主の作品だとは、私は思わない。地球を創造したのは真の神だ。しかし、後から飛来した未熟で歪んだ神が、この地球を乗っ取って、創造主の仮面を被り牛耳っている。最後のドンデン返しの時まで、世の中の9分9厘は、偽せの神や間に合わせの神が支配する、偽せや間に合わせの仕組みなのだと、私は思っている。その騙しと罠の仕組みの中で修行するのが、我々の試練であり、宇宙浄化の雛形としての地球の役割りなのだ。
2008.10.23 『“その後”の黄泉比良坂の歌 ~ 私の「鬼束ちひろ」評 ~ 』http://seirios2772.blog115.fc2.com/blog-entry-13.html より。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ mixiから紀行文の部分を移籍したのが、このブログのスタート。 主に神社仏閣、霊場、スピリチュアル、歴史関係の随筆や論稿を、ここに整理していきます。紀行スタイルが多くなると思います。 執筆は後の時点での回想であり、実際に当地におもむいた日時よりは後になりますが、今後、現地探訪の日付けに統一していく予定です。

タイトルリスト#

検索フォーム

ブログ中のタイトルやキーワードから検索します。

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード