FC2ブログ

三種の神器には、当たり前のように?!分身がある

2014,,29
さりげなくこんな記事がありました。神道古代史ファンや皇室オカルト・ウォッチャーには、捨て置けない歴史的事件ですね。

▽剣と璽、20年ぶり「外出」 両陛下の伊勢参拝:朝日新聞デジタル (2014年03月24日)
http://buzz.news.yahoo.co.jp/article/ffa0dfde5ca2647135e830f726d203795f11bab7/

▽両陛下が帰京=剣璽も皇居に戻る (時事通信) - Yahoo!ニュース(3月28日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000080-jij-soci

「二種の神器(剣と璽)」といっしょに参拝したということか。それだけでも、実は神宮創建以来、伊勢参拝を敬遠していた皇室としてはエポックだが…。
ちょっと待てよ? 剣は熱田神宮、勾玉(璽)は伊勢にあったんじゃなかったっけ?
…と思って調べてみたら、この本は面白そうだね。(右翼とかアンチ天皇制とかの話じゃなくて、歴史的興味だよ)

▽『三種の神器 〈玉・鏡・剣〉が示す天皇の起源』 祟り神は守護神となる
http://honz.jp/21288 http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2F8FYptCcaor

引用)しかし実物が天皇の手元にあるわけではなく八咫鏡本体は伊勢の神宮の皇大神宮に、草薙剣は名古屋の熱田神社にご神体として奉斎されているため、形代という分身が皇居に置かれている。唯一、玉璽と言われる八坂瓊曲玉のみ本体が宮中にあるとされている。

宮中に置いて最重要視されているのは、アマテラスの御霊代、御神体として近くに置くようにと命じた八咫鏡である。これだけは宮中三殿の賢所に重要に斎き祀られ、明治維新後は明治、大正、昭和天皇の即位のときにだけ京都御所へ動かされただけだ。しかし、八坂瓊曲玉、草薙剣は通常、天皇皇后両陛下の寝室の隣に設けられた剣璽の間に安置されており、行幸、つまり旅行などの際は携行される。これを「剣璽御動座」という。賢所という社殿に祀られる鏡と、どこに行くにも携帯される剣と玉、その待遇の差は明らかである。

賢所は皇居の森奥深くにある神殿、皇霊殿、賢所の宮中三殿のひとつである。ここに八咫鏡の形代は安置されているが、なぜかふたつ唐櫃がある。どちらも高さ90センチ、縦横80センチで重量は200キログラム。火事や災害の折には今上陛下より先に避難が決められていて、どちらも若き皇宮護衛官6人で運び出すことが決められている。配置は室町時代に吉田兼倶によって決められたものだという。そう、日本の神道総本山ともいえる、吉田神道が関わっている。

古事記、日本書紀に書かれていることを平易に読み解くと、こんなに人間臭いものなのかと驚くことだろう。祀るという行為は、本来「祟られないように奉る」ことである。三種の神器それぞれも、害を成したことによって祀られ、それでも祟りを恐れて八咫鏡と草薙剣は第10代天皇崇神天皇により皇居の外へ出され、やがて伊勢神宮、熱田神宮に祀られることになるのだ。

神器は古事記、日本書紀以前から存在していた。もし、今、これらを化学分析することができれば、日本のルーツがわかるはずである。誰も見たことのない宝物は、これからも日本人の心の拠り所と成り得るのだろうか。



しかし、「形代というか分身」の剣と玉璽なのに、まるで本体まで皇居にあったかのように、当たり前のように書く報道とはいかがなものなんだろうか。
戦後ポピュリズム左傾化を経て、天皇そっちのけ右傾化が横行する昨今、事実を曖昧にしてまで、やっぱり皇室を箔付けしたい傾向がマスメディアにはあるのだろうか。


天皇家と伊勢神宮との捩れ関係の謎に関しては、、このへんが入門編としていいかな。

▽日本人の1%しか知らない伊勢神宮7つの秘密
http://bushoojapan.com/scandal/2013/10/02/6629

引用)その4 天皇が伊勢神宮を参拝したことはなかった 

意外かもしれませんが、実は江戸時代までの歴代の天皇で伊勢神宮を参った天皇はいませんでした。。。なんと、初めて参拝したのは明治天皇だったのです!

廃仏毀釈をはじめとする明治時代の「国家神道」というものが、いかに日本本来の歴史と伝統からかけ離れた「作られた伝統っぽい文化」だったことの証拠のひとつです。

伊勢神宮が、アマテラス大神をまつる国家第一の神社として存在したことが、歴史上間違いなく言える、ぶっちゃけ言うと、「日本NO1の伊勢神宮を創設した」のは、飛鳥時代末の天武天皇と考えられています。



細かくツッコムとまたややこしいし、その時代その時代のやむにやまれぬ事情というものもあっただろうし、どういう事情であれ我々はその子孫としてこの国に暮らしていることは事実です。
が、最初から最後まで単一民族・単一文化のシンプルな愛国心でまとまっていたわけではないことは、自覚しておいたほうがいいでしょう。日本国家は昔っから(有史以来)、捻じれてもつれた糸なのだ。

異説?「お雛様のホント」から、日本神話の深淵を覗く

2014,,03
お雛様のホント|【湘南・鎌倉 】子ども専門スピリチュアルヒーラーが伝える子育てがラクになり自分が好きになるhappysteps
http://ameblo.jp/cherishhikari/entry-11181169079.html より。

引用)
お雛様は、天皇と皇后のことかなぁと思ってましたが
日本書紀を調べていくと、ちょっと違った見方がありました。

とても興味深かったので、
少し調べてた事と、お話会の内容を私なりに合わせながら
シェアしたいと思います

お雛様は、天皇と皇后ではなく

お内裏様はスサノオ(日本神話に登場する神)で、
お雛様は天照大神(太陽を神格化)です。

(中略)
さて
アマテラスとスサノオの誓約
(※詳しくはコチラをどうぞ→☆ http://ja.wikipedia.org/wiki/アマテラスとスサノオの誓約)により、
三柱の女神(三人官女)と
五柱の男神(五人囃子)が誕生しました。

雛祭りの本当の意味は
上記による
アマテラスとスサノオの誓約という神話を反映しているんですね。


…………………………………………

三人官女と五人囃子が、アマテラスとスサノオの誓約(うけい、うけひ)から生まれた三女神と五男神だった、という話は私も初めて知り、へえ~!と思いました。

お内裏様とお雛様は夫婦ではなく姉弟神だった、というわけですが…。

但し、出雲の覇王だったスサノオが九州遠征して、いわば政略結婚して現地妻にしたのがアマテラスだった、という異説もあります。原田常治、小椋一葉、神一行などの研究者が唱えていて、マニアの間ではいまやかなりポピュラーな説となっています。

日本神話、と言うより紀記神話の神々を、歴史上の実在した王朝の人物とするか、
もともと惑星規模の霊的存在だったとするか、
それとも民族的な集合無意識の産物で、リアルな歴史ともスピリチュアルな存在とも関係ないとするかは、
あまりにも視点が隔たっていて、一人の研究者の頭の中では並立しえないのが普通です。

が、神々の転生(受肉化)と輪廻によって、天上界と現世の複合重層的な合体シンボルとして造形されてきた物語が神話だったのだ、…という視点から、私は整合を試みたい立場です。
もちろん、それがこの世の政治的事情によって変形、あるいは捏造アレンジされることもあったでしょうが。


但し、雛祭りに関しては、

古代中国の三月の巳の日に川に入って穢れを清める「上巳節」が宮中行事として伝わり、わが国上古の雛遊びとが結びついたもの
雛祭りについて|神社アドバイザー☆HARUTOの徒然草紙  http://ameblo.jp/cherishhikari/entry-11181169079.html より。

という定説にも、説得力を感じます。おそらく、それと記記神話との習合だったんでしょうね。



中秋の名月とオーブ

2013,,23
 2013年9月19日は中秋の名月。ちょうどマンションのベランダの正面にまん丸の白光が昇っていた。

CIMG3507満月アップ2

 ↑写真を撮ったのはすでに24時をまわっていたので20日なのだが、普通の安物デジカメで思いきりズームにして撮ったもの。


 それはよいとして、最近とみにオーブが写りこむ。

建物とオーブ1

建物とオーブ2s

 月を撮ろうと思っただけで、べつにオーブが撮りたかったわけではないのだが、濃淡・大小・遠近のオーブが無数に写りこんでいる。(ブログ用に無料ソフトで縮小すると、いくぶん濃淡の鮮明さがなくなっている)

建物とオーブ3

 だいたいオーソドックスなオーブは、白濁色の半透明で円形のものだが、遠くの星のように小さく濃い点に見えるものも最近は増えている。決して、星が写っているのではなく、拡大すると楕円だったり不定形だったりする。

 ↓まるで月が放射しているようにも見える。つい先日も、月(の存在感)ってオーブの親玉みたいだねと妻と話していたところだった。

CIMG3538月とオーブ2s


 中秋の満月だったから撮れたのだろうかと、翌日また撮ってみたら、もっと凄そうなのが撮れた。

月とオーブ3

CIMG3543月とオーブ6s


 オーブの合理的解釈としては、
①カメラのレンズや内部に、温度差などによって水滴が付着し、それが写りこむというもの。
②空気中の細かい水滴や塵などが、カメラのフラッシュや自然光に反射して光り写りこむというもの。
の二通りがあるようだ。

 ①の場合は、よく見るとファインダー越しに見えることが多く、カメラを動かすと一緒に移動する。しかし、これに当てはまらないケースも多い。
 ②の場合は、雨の日や滝の前などでフラッシュをたいた時に出やすい。おそらくこのケースが一番多いとは思うが、同じ時に同じアングルでとっても、写る場合と写らない場合があるので、解せない部分もある。

 最近はこのように晴れた日の夜空でも写るし、フラッシュが光らなくてもたまに写ることはある。
 その場所で最初に撮った写真よりも、何枚か撮ってるうちに写りだすことも多いので、こちらの手のオーラがカメラや周囲の環境と同調しだしたら写るのかな?などと考えることもある。そう言えば、カメラを買いたての頃よりも、馴染んできた頃に写りだすような気もする。


 ともあれ、最近は神社仏閣よりも、滝とか巨石とか巨樹など、自然そのものに会いに出かけて満足してしまうことが多く、歴史ミステリーの薀蓄ブログが書けないでいた。
 あまり内容にこだわらず、少しずつ近況ブログも書き足していこうかと思っている。

愛の「麻糯(ムチー)」

2013,,14

3月頃だけど、FMのトーク番組で食文化だか料理研究家だかの先生が話していた。
餅を搗いて食べる習慣は、アジア南方の非漢民族文化圏に広く分布している。(逆に言えば、アジア全域ではなく、限られた地域ということ?)  しかも、ラオス、タイ、沖縄では、みな「ムチー」と発音する。漢字では「麻糯」でムチーだったらしい。

世界的に見れば、さらさらのインディカ米を食べる民族のほうが多く、ねばねばふっくらのジャポニカ米や餅米を食べる食文化のほうが特殊ということになる。
餅を“搗く”のではなく“挽く”製法として、お菓子のような感覚で食べる習慣は中国一般にもあるが、北方民族にはないらしい。

↓サラサラ文化圏とネバネバ文化圏、搗きモチと挽きモチ、についての参照サイト。

餅」の議論は面白かった:イザ!
http://yosi29.iza.ne.jp/blog/entry/3021651/


私自身はサラサラのインディカ米にも全く違和感がない。
インディカ米はカレーとかアジア系料理にむく食感だけど、かと言って、個人的には和食と合わせてもとくに抵抗はない。たまにこういう日本人もいるのだ。

しっとりふっくらして、しかも粒が立ってるジャポニカ米はもちろん絶品とは思うが、ジャポニカ米は炊き方が難しくて、芯が崩れて糊みたいにネバネバくっついてしまった御飯は食べたくない。だったらお粥のほうがいいし。

つまり、私自身の米の嗜好性としては、多分に北方&グローバル系が入っているのだろう。
餅もどちらかと言うと、全体にネバネバぐにゃぐにゃよりも、表面にお焦げがあったり、多少の歯ごたえがある焼き方のほうがそそる。
搗きたてのホクホクに柔らかい餅は、また別格だけどね。生姜醤油でも美味いんだよね。

イメージだけど、ことさら日本の特殊性を強調したがる右翼&保守系の人は、サラサラのインディカ米が絶対ダメな人が多い気がする。カッコだけ改革派のB層も、どちらかというとそうかな。でも、ネトウヨは案外と洋食好みやファストフードも多そうだなあ。イメージだよ、単なるイメージ!


スカボローフェア ~ デロリンマン&黄泉比良坂リミックス ~

2013,,19
 何度も聞いているメロディやイントロが、急に魂の琴線に響いてくる時がある。この演奏も何度も聞いてはいたんだが、S&Gのオリジナルを踏襲しないピアノの分散和音は、斬新で美しい。
ヨーロピアン・ジャズ・トリオの『スカボローフェア』

http://www.youtube.com/watch?v=VBc12TL5EyI

 コアなjazzファンには見向きもされないらしいが、日本向けに結成された癒し系ニューエイジ・ジャズ、…とでも言うべきか。

 下敷きはケルト(スコットランド?)民謡らしいが、P・サイモンの歌詞は、戦場で故郷のかつての恋人を想いながら、意にそぐわぬ戦争に身を投じていく兵士の一人称語りかけで始まっている。
 なんだか経済や生活という名の戦争に身を投じていく、現代人の心象風景にダブってしまうんだよね。

          パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム
          (当時のサイモン&ガーファンクルのアルバム・ジャケット)



 ↓詠唱される詞の一部。

War bellows blazing in scarlet battalions
戦いの吹子が深紅の軍勢を焚き付け

Generals order their soldiers to kill
将軍は兵士達に命じる、「殺せ」と

And to fight for a cause they've long ago forgotten
そしてとっくの昔に忘れ去った理由のため戦えと


 ↓そして、繰り返されるフレーズ。

She once was a true love of mine.
彼女はかつて僕の真実の愛だった。

then she'll be a true love of mine.
そうすれば、僕の真実の愛となるだろう。


…………………………………………………………………………………………………………
【参照】
↓秀逸な解説です。
魔界から呼ぶ声、サイモンとガーファンクル、「スカボローフェア」の解釈
http://kifuru.m.web.fc2.com/fair.html
↓歌のヒストリーはこちら
スカボローフェアの謎 ドナドナ研究室 8-1
http://www.worldfolksong.com/closeup/scarborough/page1.htm
 S&G版原曲で、イントロから一貫して流れる飛び石のように特徴的なギターのアルペジオが、ケルト・ハープの音階をコピーしたものだ、というのは、だいぶ昔に読んだ記憶があるのだが。トラディショナルなほうの歌詞に関しての詳しいことは、私も今回調べて初めて知ったことが多い。
…………………………………………………………………………………………………………

 世の中が高度成長の頃、ティーンだった私は、ぼんやりとではあるけど、この歌をどこかで経済戦争・社畜兵士と重ね合わせて聴いていた。もちろんベトナム戦争など、世界の空気とも抱き合わせだったのだけれど。わけもわからず、とてつもない深淵を覗きこんでいるような、ネクラな迷路の若き日々だった。

 今また『スカボローフェア』を聴いて、別ヴァージョンであの感覚が蘇ってくる。

“Generals”は命じる、放射能で子殺し、自国民殺しをしてでも、経済進軍せよと。

 人々は経済戦争・軍産経済という黄泉の国の糧に呪縛され、もはや抜け出せなくなったしまったのだろうか。
 それでも、人々はどこかで魂の故郷を想い、死の間際には、かつての真実の愛に、未来を託すのではないだろうか。


人々よ、魂の故郷へ帰れ!

       デロリンマン&オロカメン1-S  


       デロリンマン&オロカメン2-S

     
 …これはデロリンマンでした。

   74bbbf9039424e1a4228fb9291de775412a36ed9_デロリンマン&オロカメン
          
………………………………………………………………
【参照】
矢作徹のブログ Science Academy デロリンマンの夢
http://yahagitoru.blogspot.jp/2012/05/blog-post_8809.html
………………………………………………………………
 HOME 

メッセージボードα

- Information -

スタミナ不足で、ながらくこのブログを放置しておりました。ぼちぼち再開しようかと思いますが、操作のしかたがすぐ思い出せず、コメント認証待ちのかたなどおられましたら申しわけありません。


-- E N D --
.
.

メッセージボードβ

- Information -

拍手コメントというのがあるのを初めて知りました! また、時々、設定が狂うのか、拍手ボタンが非表示になるみたいです。 未だに設定に慣れなくて、すいません!

-- E N D --
.
.

プロフィール

1955年、東京生まれ。 母方先祖は諏訪大社の大祝だったとか。 ツイッタ-のユーザー名:@G_rhaps

五右衛紋☆Rhapsody

Author:五右衛紋☆Rhapsody
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

古典的グノーシスの言うように、この世界が悪の造物主の作品だとは、私は思わない。地球を創造したのは真の神だ。しかし、後から飛来した未熟で歪んだ神が、この地球を乗っ取って、創造主の仮面を被り牛耳っている。最後のドンデン返しの時まで、世の中の9分9厘は、偽せの神や間に合わせの神が支配する、偽せや間に合わせの仕組みなのだと、私は思っている。その騙しと罠の仕組みの中で修行するのが、我々の試練であり、宇宙浄化の雛形としての地球の役割りなのだ。
2008.10.23 『“その後”の黄泉比良坂の歌 ~ 私の「鬼束ちひろ」評 ~ 』http://seirios2772.blog115.fc2.com/blog-entry-13.html より。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ mixiから紀行文の部分を移籍したのが、このブログのスタート。 主に神社仏閣、霊場、スピリチュアル、歴史関係の随筆や論稿を、ここに整理していきます。紀行スタイルが多くなると思います。 執筆は後の時点での回想であり、実際に当地におもむいた日時よりは後になりますが、今後、現地探訪の日付けに統一していく予定です。

タイトルリスト#

≪ Prev. ALL Next ≫
△ALL で全タイトルの一覧表示。

検索フォーム

ブログ中のタイトルやキーワードから検索します。

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード